母子(父子)家庭が頼れる支援制度を徹底解説!

目安時間:約 24分

現在、日本では夫婦の3組に1組は離婚しているといわれており、2010年に総務省から発表された統計によると、全国でシングルマザーは123万世帯おり、平均年収は291万円、就業率は80%前後となっています。

 

 

そんな母子(父子)家庭には国が援助する様々な手当が存在するのをご存知でしょうか?

 

 

特に母子家庭の収入は決して高いものではなく、切り詰めた生活を送る必要があります。

 

 

そこで助けになるのが、母子(父子)家庭を助けてくれる手当割引制度です。

 

 

この記事では少しでもシングルマザーが頼れる支援や手当をみつけられるように、様々な方法をご紹介しますので、うまく活用し収入を増やし支出を減らすための参考にして頂ければ幸いです。

 

>> 続きを読む

ページの先頭へ