電子マネー比較 ~WAON(ワオン)カード~

目安時間:約 9分

現金の代わりに、予めチャージまたは自動チャージしたカードやスマホなどで支払いをすることができる電子のお金、「電子マネー」というカードがあります。

 

 

使いすぎの心配があるクレジットカードと違って、チャージしてる範囲内でしか使えないので、使いすぎの心配が無いという事で、女性の利用率が高いですね。

 

 

今日は電子マネーの中でも、「WAON(ワオン)カード」の紹介を致します。

 

 

 

そもそも電子マネーって何?

 

 

電子マネーは、現金の代わりに、予めチャージまたは自動チャージしたカードやスマホなどで支払いをすることができる電子のお金です。

 

 

レジで財布を開いて、小銭を探したりする事なく、カードを店員に渡すorカードを読み取り機にかざすだけなので、スマートな決済が出来ますし、財布が小銭でパンパンに膨らむなんて事もありません。

 

 

また、クレジットカードだと、限度額までいくらでも買い物出来るので、ついつい使いすぎの心配も出てきますが、電子マネ―の場合は、チャージした分までしか使えないので、ついつい使いすぎの心配は無くなりますね。

 

 

また、チャージするのを忘れてて、残高が足りない!って事にならない様に、オートチャージ機能(あらかじめ設定した金額よりも、残高が減った場合、クレジットカード等を介し、自動的にチャージする機能)が付いてるカードがほとんどです。

 

 

さらに最大のメリットは、ポイントが付くって事ですね。

 

 

現金で決済していたら、一切付かないポイントが、同じ買い物をしても電子マネーだとポイントがザクザク貯まっていきます。

 

 

WAONカードとは?

 

 

WAONカードは、イオングループが提供している電子マネーとなりますので、イオン系列の店舗を利用する際には当然メリットの大きい電子マネーです。

 

 

 

イオングループはもちろんの事、マクドナルドや吉野家、コメダ珈琲店、かっぱ寿司、ファミリーマート、ローソン、ヤマト運輸など全国38万7千箇所で使えます。

 

 

 

⇒WAONカードが使えるお店

 

 

また、WAONにはいろいろな種類があります。

 

 

単体での「WAONカード」や「クレジットカード一体型」、「携帯電話のアプリ」などがあります。

 

 

 

 

ポイント還元率は?

 

 

200円(税込)利用するごとにWAONポイントが1ポイント貯まります。

 

 

還元率は0.5%ですね。

 

 

貯まったWAONポイントは、電子マネーとして1ポイント1円で利用することが出来ますので、使えば使う程お得になります。

 

 

 

楽天カード等と同様、税抜ではなく税込なのもメリットの一つです。

 

 

 

商品の価格では980円や1,980円など端数がある場合が多いですが、税抜だとポイントが微妙に貯まらないケースが増えますが、税込だとそのような心配はなく効率的にポイントを貯められます。

 

 

WAONカードの作り方

 

 

WAONカードはイオン・ビブレ・マックスバリュ・ミニストップなど、イオンのお店や一部の加盟店でその場で発行出来ます。

 

 

注意点は、発行時に手数料として300円が掛かること。

 

 

これは、nanacoカードと同じですね。

 

 

ただこれもnanacoカード同様に、無料にする裏ワザがあって、「イオンカードセレクト」というクレジットカードがあります。

 

 

「イオンカードセレクト」イオンカードにイオン銀行のキャッシュカード機能とWAONカード機能を合わせた欲張りなカードです。

 

 

発行手数料や年会費が無料のカードなので、クレジット払いをせずに、ただのWAONカードとして持っていても、全くお金を取られることはありません。

 

 

また、イオンカードセレクトのクレジット機能を利用してWAONにチャージする事が可能ですが、その場合チャージした金額の0.5%のときめきポイントが貯まるので、WAONカードで決済した時と合わせて1%となり、ポイント2重取りが出来ます。

 

 

毎月5の付く日はお客さまわくわくデーに買い物すれば1.5%還元です。

 

 



 

WAONカードのメリット

 

 

200円(税込)利用するごとにWAONポイントが1ポイント貯まります。

 

 

還元率は0.5%です。

 

 

イオングループのイオンやマックスバリュでは、毎月5の付く日はお客さまわくわくデーとして、ポイントが2倍で還元率1%になります。

 

 

また、イオンカードと同様、20日と30日は5%オフのお客さま感謝デーを実施しています。

 

 

 

 

WAONカードのデメリット

 

 

発行手数料300円が掛かる。

 

 

ポイント還元率が基本0.5%。

 

 

ただし、イオンカードセレクトにすれば、このデメリットは回避出来ます。

 

 

まとめ

 

 

①WAONカードはイオングループで使えるのは勿論、マクドナルドや吉野家など、全国38万7千箇所のお店で使える電子マネー。

 

 

②ポイント還元率は0.5%、1ポイントを1円の電子マネーに交換出来る。

 

 

  • ③デメリットは、発行時に300円の手数料が掛かるが、イオンカードセレクトを作る事により手数料は無料に出来る。

 

 

という事で、ノーマルWAONカードを手数料300円払って作るくらいなら、イオンカードセレクトを無料で作る方がお得です。

 

 

本日も最後までお読み頂きまして、ありがとうございましたm(__)m

 

 

少しでもご参考になりましたら、ポチッと押して頂きますと嬉しいです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 



ページの先頭へ