電気代が安くなる?! 電力自由化について

目安時間:約 11分

2016年の4月から始まった「電力自由化」

 

 

聞いた事はあるけれど、よくわからなくて今まで何も行動していない方にとっては、毎月の電気代が安くなるチャンスかもしれません。電気代は一生続くものですからね。

 

 

 

そもそも「電力自由化」って何?

 

 

以前は、地域の大手電力会社が独占的に販売し、地域で決められた電力会社としか契約出来なかった電気ですが、2016年4月に法律の改正により、家庭向けの電力小売りが自由化され、いろんな会社が電力を消費者に直接販売できるようになりました。

 

 

 

それにより、さまざまな業種の企業が電力の販売をはじめ、大手電力会社もたがいに地域の枠を超えてサービスを提供しています。

 

 

 

電力自由化により、今までにはなかった”競争”が起き、サービスが向上や電気代の低価格化が期待されるといわれています。

 

 

 

実際、各電力会社は他社との差別化を図ろうと、独自の料金プランを開発するなどしてすでに顧客獲得に乗り出しています。

 

 

 

実績のない新しい会社と契約して大丈夫? 停電とか心配?

 

 

新しい会社に切り替えたとしても停電しやすくなったり、電力の契約先によって不安定になるということは、ありません。

 

 

 

すべての会社の電気は、いままでと同じ送電網(電力ネットワーク)を使用して流れます。

 

 

 

このため、電力会社やプランによって受け取る電気の品質が違うということはありません。

 

 

 

もし何らかの理由で新電力が電力供給をできなくなった場合も、自動的にその地域を供給区域とする電力会社から電気が供給される仕組みになっています。

 

 

 

電線や電柱の故障対応についても、これらは送電会社がすべて担うことになっていますので、契約した会社によって停電修理の速さが違う、ということもありません。

 

 

 

また、万が一新電力が倒産などで事業を継続できなくなった場合も同様に、東京電力などの一般電気事業者は需要家に電気を供給する義務があるため、電力会社から電気の供給は止まることなく、電気を受け続けることができます。

 

 

 

今の電力会社への解約届け出がいるの?

 

 

いいえ、要りません。

 

 

 

切り替え先の新しい電力会社が一括して手続きを行います。

 

 

 

そのために「お客様番号」「メーター個別の番号(供給地点特定番号)」が必要ですので、領収書や明細書を準備しておくとスムーズです。

 

 

 

工事費用がかかるの?

 

 

いいえ、掛かりません。

 

 

 

新しい電力会社への切り替えに際しては、電力メーターの交換が必要ですが、この工事は基本的には無料となっています。

 

 

 

また、工事依頼も新しい電力会社が手続きを行います。

 

 

 

今すぐ新しい電気料金プランを使えるの?

 

 

お申し込み後、1〜2週間程度の期間内で切り替えができるよう、資源エネルギー庁が指導しています。

 

 

 

マンション・アパートでも契約できるの?

 

 

マンションにお住まいでも、大多数の方は電力会社と入居者が戸別に契約しているので、電力自由化で電気の契約を変更できます。賃貸マンションでも大丈夫。

 

 

 

ただし、分譲マンションの場合、管理組合等を通じてマンション全体で一括して契約している場合(高圧一括受電契約)は対応が異なるため、管理組合等にご相談が必要です。

 

 

 

新電力のデメリットはないの?

 

 

①解約金を取られる会社もある。

 

 

これまでは誰もが自動的に地域の電力会社との契約を余儀なくされたため、そもそも契約期間という概念がありませんでしたが、電力自由化により電力会社を選ぶことが出来るようになった今、顧客の長期囲い込みのため、契約期間と途中解約による違約金を設定している会社も出てきています。

 

 

 

そういった企業は、携帯電話やウォーターサーバーなど他サービスとのセット割に力を入れていて、うまく利用すれば全体の料金を下げられるというメリットがある一方で、契約期間が設定されているがために、好きなときに辞められないというデメリットがあります。

 

 

 

②間違ったプランを選択した場合、値段が上がる可能性もある。

 

 

現在と同じ料金体系で単価がより安いプランに乗り換える場合には、電気代は確実に安くなります。

 

 

 

しかし、全く別の料金タイプを選択した場合、果たして本当に安くなるかどうかは、実際に使ってみないと分からないのも事実です。

 

 

 

また家族が増えたり、生活環境が変わった場合など、契約した料金プランが生活スタイルと合わなくなり、価格が上がってしまう可能性もあります。

 

 

 

電力自由化で、うちはどのくらい安くなるの?

 

 

電気の購入先が選べるようになって、電気代はどれくらい安くなるのでしょう?

 

 

 

購入可能な電力会社はお住まいの地域によって異なりますし、適切なプランは電気の使用量によって異なります。

 

 

 

またご自分で、ひとつひとつの会社の見積もりを取って、比較するのも面倒です。

 

 

 

そんな時は、ご自分が住んでる地域の新電力会社で一気に見積もり比較が出来る、電気料金一括比較|電気代を賢く節約-でんきの比較インズウェブが便利です。

 

 

 

前述した、今の電力会社の領収書があれば、2分程度で最大25プランの中から、一番安い電力会社がわかります。

 

 

 

さらに、直接電力会社のホームページに行くよりも、キャッシュバックなどの特典があるので、さらにお安くなります。

 

 

 

↓電気料金一括比較

 

 

まとめ

 

 

①以前は、地域で決められた電力会社としか契約出来なかったが、自由化で安い電力会社を選べる様になった。

 

 

②新電力会社になっても、電気の質が落ちたり、停電がしやすいという事は全くない。

 

 

③今の電力会社への手続きは、新電力会社がやってくれる。

 

 

④マンション、アパートもOK

 

 

⑤早期で解約した場合に、解約金が取られる会社もある。

 

電力会社を変更するというだけあって、新電力会社を選ぶ際は慎重に選ぶ必要があります。

 

 

 

しかし、私たち消費者が選べる電力会社はあまりにも多く、それらを比較するとなると膨大な時間が必要です。

 

 

 

その為、無料で一括見積りできるサイトは大変重宝します。

 

 

 

毎月の電気代を安くして、お得な生活を楽しんでください。

 

 

 

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございましたm(__)m

 

 

 

少しでもご参考になりましたら、ポチッと押して頂きますと嬉しいです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 




この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ