電子マネー比較 ~nanacoカード~

目安時間:約 8分

現金の代わりに、予めチャージまたは自動チャージしたカードやスマホなどで支払いをすることができる電子のお金、「電子マネー」というカードがあります。

 

 

 

使いすぎの心配があるクレジットカードと違って、チャージしてる範囲内でしか使えないので、使いすぎの心配が無いという事で、女性の利用率が高いですね。

 

 

今日は電子マネーの中でも、「nanacoカード」の紹介を致します。

 

 

 

そもそも電子マネーって何?

 

 

電子マネーは、現金の代わりに、予めチャージまたは自動チャージしたカードやスマホなどで支払いをすることができる電子のお金です。

 

 

 

レジで財布を開いて、小銭を探したりする事なく、カードを店員に渡すorカードを読み取り機にかざすだけなので、スマートな決済が出来ますし、財布が小銭でパンパンに膨らむなんて事もありません。

 

 

 

また、クレジットカードだと、限度額までいくらでも買い物出来るので、ついつい使いすぎの心配も出てきますが、電子マネ―の場合は、チャージした分までしか使えないので、ついつい使いすぎの心配は無くなりますね。

 

 

 

また、チャージするのを忘れてて、残高が足りない!って事にならない様に、オートチャージ機能(あらかじめ設定した金額よりも、残高が減った場合、クレジットカード等を介し、自動的にチャージする機能)が付いてるカードがほとんどです。

 

 

 

さらに最大のメリットは、ポイントが付くって事ですね。

 

 

 

現金で決済していたら、一切付かないポイントが、同じ買い物をしても電子マネーだとポイントザクザク貯まっていきます。

 

 

 

 

 

nanacoカードとは?

 

 

nanacoカードはセブン&アイ・ホールディングスが展開している電子マネーです。

 

 

 

セブン&アイ・ホールディングスのお店(セブンイレブン、ロフト、イトーヨーカドー、マクドナルド、ラウンドワン、デニーズなど)で使えます。

 

 

 

⇒nanacoが使えるお店

 

 

 

また、nanacoは公共料金や税金を支払える唯一の電子マネーです。

 

 

 

ただし、公共料金や税金の支払いをnanacoで決済した場合、ポイントは付きません。(店員さんにも言われます)

 

 

 

でも、nanacoにチャージ出来るクレジットカードもあって、チャージする際にクレジットカードにポイントが付くので、実質nanacoで支払った公共料金や税金分のポイントがもらえる事になります。

 

 

 

ポイント還元率は?

 

 

nanacoのポイント還元率は通常、お買い物代金の1%です。

 

 

 

100円(税抜き)で1ポイントです。

 

 

 

税抜きなので、楽天カードやYahoo!JAPANカードの税込に比べると、ちょっとマイナスポイントですね。

 

 

 

98円(税抜き)ではポイント付かないし、980円(税抜き)だと9ポイントって事です。

 

 

 

また1ポイントは1円の電子マネーに交換出来ます。

 

 

 

nanacoの作り方

 

 

nanacoを作る時は、セブンイレブンやイトーヨーカードーに行って、申し込み書に記入すると、その場で発行出来ます。

 

 

 

注意点は、発行時に手数料として300円が掛かること。

 

 

 

ただ、これも無料にしちゃう有名なワザがありまして、イトーヨーカドーでは毎月8日、18日、28日とnanacoの申込み手数料を無料にするキャンペーンを行っています。

 

 

 

条件は、発行時に1,000円分のチャージが必要になります。

 

 

 

まあ、1,000円は必要になりますが、使うつもりで発行する訳でしょうから、たいして問題ではないと思います。

 

 

nanacoカードのデメリット

 

 

セブン&アイ・ホールディングス(セブンイレブン、イトーヨーカドーなど)を全く使わない、使う予定のない方にはnanacoは持つメリットは一つもありません。

 

 

 

⇒nanacoについてもっと知りたい(公式サイト)

 

 

 

まとめ

 

 

①nanacoカードはセブン&アイ・ホールディングスで使える電子マネー

 

 

  • ②ポイント還元率は1%、1ポイントを1円の電子マネーに交換出来る。
  • ③デメリットは、発行時に300円の手数料が掛かるが、8の付く日にイトーヨーカドーで作ると無料に。

 

 

 

今まで、現金主義だった人も、ポイントが付くので、まずは手始めにnanacoカードを作ってみましょう。

 

 

 

 

という事で、今回も最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

 

 

 

少しでもご参考になりましたらポチッと押して頂けると嬉しいです。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ