山菜を食べて体の内側から美しく! 春の食卓には苦味を盛れ?! 

目安時間:約 8分

薇、木通、独活・・・この漢字に共通するのは何だかわかりますか?

 

 

 

ヒントは「春に食べたい食材」です。春の風を感じると恋しくなる。独特の苦味や食欲をそそる旬の味覚。

 

 

 

答えは・・・

 

 

「山菜」です。

 

 

 

先頭から順にゼンマイ、アケビ、ウドと読みます。

 

 

 

この他にもワラビ(蕨)、クサソテツ(草蘇鉄)、ウコギ(五加)、ギョウジャニンニク(行者大蒜)なども春の山菜として有名です。

 

 

 

「春の食材には苦味を盛れ」と言われますが、これは苦味がある春の山菜を食べると体に良いという意味があります。

 

 

 

今回の記事は春の山菜の魅力や食べ方、山菜料理の豆知識をご紹介します。

 

 

 

山菜の苦味が体に良いと言われる理由

 

 

山菜の苦味成分には、さまざまなポリフェノール類が含まれているのは特徴です。

 

 

 

ポリフェノールは抗酸化作用が高く、老化を防ぎ、生活習慣病の予防につながります。

 

 

 

山菜によって違いはありますが、ビタミンも豊富で美容効果も期待できます。

 

 

 

また免疫力を高めたり、動脈硬化やガンの発生を防ぐ役目、食物繊維も多く含み整腸作用も期待できるといい事づくめ。

 

 

 

冬に不足した栄養を、春の山菜から補う。

 

 

 

先人たちは旬の食材を摂ることが健康につながることを、経験から学んできたのかも知れませんね。

 

 

 

また山菜と言えば、アクですが、揚げることで苦味も抜けるのでアク抜きはほどほどでいいです。

 

 

 

アクを抜きすぎると抗酸化力などの有効な成分も抜けてしまうので、アクの抜きすぎには気をつけましょう。

 

 

 

栄養だけでなく、植物の芽生えを感じる事が出来るのも山菜の魅力です。

 

 

 

自然の恵みを頂いて、春を身体いっぱい感じたいですね。

 

 

 

山菜のシーズンはサバの水煮缶が売れる?!

 

 

山菜のシーズンになると、スーパーやコンビニでサバの水煮缶が山積みになる県がある・・・そんな噂を聞いたことがありませんか?

 

 

 

そんな噂の県は長野県です。

 

 

 

サバの水煮缶が売れるのは、ネマガリタケ(根曲り竹)という山菜に理由がありました。

 

 

 

そのまま料理に使えるほど灰汁が少なく、柔らかくサクサクとした独特の歯ごたえや味の良さから、たけのこの王者とも言われるそうです。

 

 

 

長野県では採れたばかりのネマガリタケをお味噌汁にする「たけのこ汁」が古くから食べられていますが、このお味噌汁に欠かせないのがサバの水煮。

 

 

 

意外な組み合わせにも感じますが、魚の味を加えることで、ぐっと美味しくなるそうです。

 

 

 

店先に並ぶサバの水煮缶の姿から、長野県でネマガリタケが愛されている様子が伺えますね。

 

 

 

 

 

産地の主婦に聞いた! 山菜の天ぷらをおいしく揚げるコツ

 

 

山菜は油との相性が良く、天ぷらにして食べるという方が多いと思います。

 

 

 

山菜はカラッと揚げて食べたいものですが、上手くつくるのはなかなか難しいものです。

 

 

 

山菜の産地では、山菜の天ぷらは通常の天ぷらと衣を変えているという声が多くありました。

 

 

 

あるご家庭の作り方

 

 

①山菜はさっと洗って汚れを落とし、水気を切る

 

②山菜に片栗粉(この片栗粉を入れるのがカラッと揚げるコツ)と小麦粉を混ぜた粉をまぶす。

 

③水で小麦粉を溶いたゆるい衣にさっとくぐらせて揚げる

 

 

 

なかには、ゆるい衣にくぐらせず、粉をまぶしてそのまま揚げるといったご家庭もありました。

 

 

 

通常の天ぷらの衣みたいにもったりとしたものではなく、粉っぽさを残すのがポイントになるようです。

 

 

 

まとめ

 

 

①山菜にはたくさんのポリフェノール類が含まれていて、アンチエイジングや美容効果もあります。

 

 

 

②免疫力を高めたり、動脈硬化やガンの発生を防ぐ役目、食物繊維も多く含み整腸作用もあります。

 

 

 

スーパーで購入するのも良いですが、暖かいこの季節はご自分で山菜採りに出掛けるのもおすすめです。

 

 

 

ただし、山菜を採取する際は、くれぐれも土地の所有者の許可を得てから実施してくださいね。

 

 

 

本日も最後までお読み頂きまして、ありがとうございましたm(__)m

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ