クレジットカード比較 ~イオンカード~

目安時間:約 13分

2016年9月に実施されたJCB調査によるデータによると、日本人のクレジットカード平均保有枚数は1人あたり3.2枚という結果がでていますが、日本人はクレジットカードを持っているのですが、他国に比べて利用率が低いと言われています。

 

 

しかし、クレジットカード払いにする事により、殆どのカード会社ではポイントがもらえますので、日々のお買い物や公共料金の支払いをカード払いにする事により、実質的に節約をする事が出来ます。

 

 

カードによっては、1%超の高還元率のものもあります。

 

 

たかが1%と侮る事無かれ、普通預金の金利が0.001%のこのご時世、1%のポイント還元はその1,000倍のポイントがもらえるって事なんです。

 

 

今日は国内で2,700万枚以上も発行されている人気のクレジットカード「イオンカード」についての記事です。

 

 

 

イオンカードの種類

 

 

 

イオンカードはJCB、Mastercard、VISAの3種類があります。

 

 

基本的な機能は同じです。相違点は加盟店数、カードデザインです。

 

 

JCBは日本企業のクレジットカードで、国内では高いシェアを誇っていますが、クレジットカードの売上高の世界シェアは、Visaが56%で1位、Mastercardが26%で2位です(NILSON REPORT 2016年4月)。

 

 

この2つで約82%と圧倒的なビッグ2となっています。ちなみにJCBはというと、シェア1%の5位となっております。

 

 

という事で、海外に行く機会の多い方はVisaかMastercardの方が良いかもしれません。

 

 

 

 

ディズニーデザインのイオンカードはありません。

 

 

こちらは、電子マネーWAONとの一体型であるイオンカード(WAON一体型)、イオンカードセレクトのみのデザインとなります。

 

 

ディズニー・デザインの場合、JCBのみとなります。

 

 

 

イオンカード概要

 

 

イオンカードは、本会員カードも家族カードも永年無料です。

 

 

家族カードに申し込めるのは、生計を共にする配偶者・親・子供(18歳以上で高校生を除く)です。

 

 

3名まで発行可能です。

 

 

家族カードは有料というクレジットカードも多いですが、年会費が無料なのはありがたいです。

 

 

家族カードの利用代金は、本会員カード1枚にまとめて請求されて、引き落とされます。

 

 

クレジットカード利用分のポイントは、家族会員カード分もまとめて本会員カードに貯まります。

 

 

因みにゴールドカードも年会費無料です。

 

 

ただし、イオンゴールドカードは自分から申し込むことはできません。

 

 

インビテーション(ゴールドカードへの招待状)を待つ必要があります。

 

 

インビテーションはイオンカードでの決済が年間で100万円以上利用、通算で500万円以上利用などが基準になるようです。

 

 

 

ポイント還元率

 

 

イオンカードは、一般の加盟店でのカード利用の場合は、購入金額200円(税込)につき1ポイントのときめきポイントがつきます。

 

 

還元率は0.5%です。

 

 

ただし、全国のイオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなどの対象店舗では、イオンカードの利用でいつでもポイントが2倍の、購入金額200円(税込)につき2ポイントのときめきポイントがつきます。

 

 

⇒いつでもポイント2倍対象店舗一覧

 

 

また毎月10日は「ありが10デー」であり、全国のイオンでWAONやクレジット払いでときめきポイント5倍となります。

 

 

還元率2.5%!になります。

 

 

ただし、「いつでもポイント2倍」との併用は出来ません。

 

 

 

さらに、55歳以上の会員ですと、毎月15日「G.G感謝デー」となり、イオンカード決済で請求時にお買い物代金が5%OFFとなります。

 

 

楽天カードYahoo!JAPANカード同様、税抜ではなく税込なのもメリットの一つです。

 

 

商品の価格では980円や1,980円など端数がある場合が多いですが、税抜だとポイントが微妙に貯まらないケースが増えますが、税込だとそのような心配はなく効率的にポイントを貯められます。

 

 

 

公共料金、携帯電話の料金、税金、保険料などの支払い時も満額ポイントが得られます。

 



 ポイントはどうやって使うの?

 

 

ときめきポイントは、1,000ポイント以上500ポイント単位でWAONポイントに変換できます。

 

 

WAONカードは、最近ではイオングループ以外のお店でも使える店が増えてきた電子マネーです。

 

 

イオングループはもちろんの事、マクドナルドや吉野家、コメダ珈琲店、かっぱ寿司、ファミリーマート、ローソン、ヤマト運輸など全国38万7千箇所で使えます。

 

 

⇒WAONカードが使えるお店

 

 

基本的にはWAONに交換するのが良いと思いますが、WAONに交換以外でもイオン商品券やDポイントに交換する事も出来ます。

 

 

 

ポイントの有効期限は?

 

ときめきポイントの有効期限は最長2年間です。

 

 

誕生月の11日~翌年誕生月の10日がポイントの獲得期間となり、ポイントの獲得期間開始日の翌々年誕生月末日が期限です。

 

 

 

イオンカードのメリット

 

①毎月20日、30日はお客さま感謝デーで、イオングループ各店舗で5%OFFになります。

 

 

カードを提示した後ならば、カード払いだけでなく、現金でもイオンギフトカードでも5%OFFになります。

 

 

主な店舗はイオン、マックスバリュ、ビブレ、ダイエー、マジックミシン、ミスタークラフトマン、スポーツオーソリティなど。

 

 

ちなみに2月は27日か28日が5%OFFになります。

 

 

 

②優待パスポートで5%~20%OFFになります。

 

 

イオンカードを使っていると、サンキューパスポート、バースディパスポートなど優待のはがきがほぼ毎月届き、自分の好きな日に5%~20%OFFにできます。(20%OFFは対象が限られ決算時期やゴールド会員限定だったりしますが。)

 

 

 

③イオンシネマで300円割引

 

 

映画館のイオンシネマで、イオンカード決済すると本人と同伴1人までそれぞれ300円割引できます。

 

 

 

④ETCカード発行手数料や年会費も無料

 

 

ETC専用カードはクレジットカード1枚につき1枚となり、支払い口座はクレジットカードと同じになります。

 

 

ETC専用カードの利用時も、ショッピングと同様にときめきポイントが貯まります。200円(税込)ごとに1ポイント貯まり、還元率0.5%です。

 

 

本カードは無料だけどETCカードは有料というカードもありますが、ETCカードも無料なのはありがたいですね。

 

 

⑤2回払いも手数料無料。

 

 

イオンカードの支払い方法には、1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、ボーナス2回払い、分割払い(最長60回)、リボ払いがあります。

 

 

1回払い、ボーナス一括払いはもちろん手数料がかかりませんが、2回払いも手数料無料です。

 

 

イオンカードのデメリット

 

イオングループ以外の利用時は、ポイント還元率が0.5%と、楽天カードYahoo!JAPANカードの様に、1%還元が当たり前になりつつあるクレジットカードのなかでは、残念な還元率です。

 

 

まとめ

 

 

①イオンカードは本会員カードも家族カードも、ゴールドカードもETCカードも年会費無料のカードです。

 

 

②イオングループ以外だと0.5%のポイント還元だが、イオンなどの対象店舗だと1%還元に。

 

 

③20日、30日はイオングループで5%OFF

 

 

イオングループ以外のお買い物だと、ポイント還元率0.5%と他のクレジットカードに比べて見劣りしますが、イオングループ対象店でのお買い物は1%還元になりますし、10日は2.5%還元、20日、30日は5%OFFとイオングループでのお買い物には、年会費も無料ですし、是非欲しいカードのひとつですね。

 

 



 

本日も最後までお読み頂きまして、ありがとうございましたm(__)m

 

 

少しでもご参考になりましたら、ポチッと押して頂けると嬉しいです。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ